地方自治体と婚活

日本が抱えている問題のなかでも、少子化は最も重要な問題の1つではないかと思います。
少子化となっている原因は色々あると思いますが、未婚者数の増加もその1つ。
確かにかつてはいわゆる近所の世話焼の人なんかがいて縁結びの機能をはたしていたのが、
徐々にそのような機能は薄れていっていることによって、出会いの機会が減っていると思います。


そこで近年、そのような事態に危機感を覚えた地方自治体が
結婚支援事業を行うということが増えてくるようになりました。
例えば、内閣府が平成23年3月に公表した調査(リンク)によれば、結婚支援事業をおこなっている都道府県は全体の66%、市区町村でも32.5%に上ります。

私の出身地である京都市でも、京都市と京都商工会議所青年部が主催して、
11月5日に大規模な婚活事業をおこなうようです(詳細は下記)。

京都婚活2011

参加予定人数が男女それぞれ150人ずつで、合計300人。
午後1時から6時くらいまでとかなり大がかりなものです。
私は妻帯者ですのし、今は京都に住んでもいないので参加できませんが、
応募は10月16日までなので興味がある京都市内在住・在勤の方は応募してはいかがでしょうか。

 

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

Tags:

Comments

No comments so far.

  • Leave a Reply
     
    Your gravatar
    Your Name
     
     
     

    WP-SpamFree by Pole Position Marketing