地域活性化の新プロジェクト、始めます!

30歳の成人式
去年10月のプブリカの発足から約1年が経ちました。
会社の始動と同時に複数の企画を検討し、プロジェクト化を進めていましたが、そのなかで3.11のあの東日本大震災が発生。震災以降の地域活性化のあり方について考える中で、企画も再考を余儀なくされ、ふるさと納税支援の情報サイトをつくるなどはしていたものの、逡巡し時間だけが過ぎていきました。

しかし、当然のことですが、考えているだけでは決して前に進むことはできません。そして震災以降も、震災以降だからなおのこと、地域の衰退の問題は速度を増しています。
潜在住民という、自分たちが考えているこのコンセプトから何かを生み出すためにも、実際に社会で目に見える形での地域活性プロジェクトをすすめることが大切だと、わたしたちは改めて思いなおしました。

そこで、プブリカは新しいプロジェクトを始動します。
そのプロジェクト名を「30歳の成人式」という、新しい地域活性化プロジェクトです。
これは、30歳こそが「本当の成人」だと定義し、その30歳の成人式を生まれ育った「地元」で開催するプロジェクトです。
そのコンセプト、基本的な考え方は次のようなものです。

2004年以降、日本はこれまでにない人口減少社会に突入しています。少子化とともに高齢化も進んでおり、2010年の段階ですでに人口の4分の1を占める老年人口は、25年後には3分の1以上にまで増えると想定されています。
こうした状況は地方を直撃し、過疎化などによって地域コミュニティーが崩壊している地域が増えています。
東京への人口の一極集中もまた、地方の少子高齢化を加速させています。近年の東京への一極集中は「転入者の増加」ではなく「(地方への)転出者の減少」、とりわけ「30歳前後の転出者の減少」を主な原因としています。地方に帰る人が減っているのです。こうした事態は、過疎化に悩む地域についてはもちろんですが、地方の都市への影響力も少なくありません。
なぜなら、30歳前後の世代は人口の再生産の主な担い手ですが、それと同時に、これからの長い時間をその街で生きる彼ら彼女らとその同世代のネットワークこそが、地域活性・地域再生の上で大事な存在だからです。

こうした認識の元で、わたしたちプブリカが提案し、推進委員会をつくり、各地で開催を目指しているプロジェクトが「30歳の成人式」です。
本来は強い「同級生のつながり」が年月と共に少しずつ薄れていくことが、地元への思い入れが薄くなるひとつの理由だと私たちは考えています。そして、社会に出た後で、各地に離ればなれになった同級生が集まるような強制力のあるイベントは、実はそれほど多くはありません。

30歳は而立(三十にして立つ)という節目の年です。ほとんどの人間が社会人を経験し、また多くが離れた都市での生活を経験している「30歳」という年齢で開かれるもう一つの成人式は、生まれ育った地元について、その現在・未来の姿を考える絶好の機会になるでしょう。同時に、薄れていく「同級生のつながり」の再構築も期待できます。
また、地元開催のイベントであるため、商工会議所や地元商店街の皆さんと連携することで、アフターコンベンションの経済的波及効果が見込めます。初回の開催が成功することで、次年以降の開催にもつながり、毎年の定期集客イベントとして期待できます。
「30歳の成人式」をとおした地元へのアイデンティティのリマインドと、人間関係の再構築ができる場づくりによる「地元」を中心とした同世代ネットワークの強化は、長期的に地元の活性化に大きく寄与します。

このプロジェクトのために私たちプブリカは「30歳の成人式推進委員会」を組織し、30歳の成人式の全国各地での開催を呼びかけ、推進していきます。
実際に来年の開催に向けて、現在複数の地方で有志が実行委員会を作り、30歳の成人式の準備を進めています。私たちは推進委員会として、プロジェクトのコンセプトやツール、開催までのフレームの提供やアドバイザリーに注力していく予定です。
もちろん、それぞれの地方でこの新しい地域活性化イベントの開催を一緒に目指してくれる方々も募集しています。

このプロジェクトのゴールは、日本全国で、二十歳の成人式と同じように、同級生が一堂に会する「30歳の成人式」が毎年開かれることです。
成長し自立した30歳が、生まれ育った町、愛着のある町に内外から毎年集い、改めてその町を核とした絆を再確認する。そうした光景が全国津々浦々で見られるならば、そこには今よりもより活性化した地域の姿があると私たちは確信しています。

今後の展開はこのサイトを始め、Facebookページなどのソーシャルメディアでリリースしていく予定です。ぜひ、ご注目ください。

 

(現在進行中の「30歳の成人式」プロジェクト)

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

Comments

No comments so far.

  • Leave a Reply
     
    Your gravatar
    Your Name
     
     
     

    WP-SpamFree by Pole Position Marketing