30歳成人説?

最近私たちは30歳の成人式というプロジェクトを始めました。
http://www.30seijin.org/
これは、30歳を本当の成人ととらえ、各地での成人式の実施を目指すものです。

ところで、30歳を本当の成人ととらえる考え方は、私たちが最初に考えたものではありません。
もちろん論語においても30歳は、而立(三十にして立つ)という節目の年として捉えられていますし、この間見つけたのですが、「30歳成人説」というwikipediaの項目まであります。
その解説によれば、村上春樹氏や糸井重里氏が唱えているみたいです。

でも、私たちの考えは、それらの2番煎じではないつもりです。
私たちの思いとしては、新30歳の人たちが「自分たちで」式という名の「祭り」を、しかも「日本各地で毎年」おこなうことが重要なのです。

「自分たちで」
そもそも20歳の成人式は誰がおこなうものでしょうか?
参加するのはあくまで新成人ですが、その他のものを用意するのはすべてまわりの行政や、大人たち。それで本当に成人式だといえるのでしょうか。
30歳の成人式は、あくまで30歳になる人たちが中心になっておこなう、自分たちによる自分たちのための成人式です。

「祭り」
式といっても20歳の成人式のように堅苦しくある必要はありません。
同窓会の延長線のような感じで旧交を暖めあうもよし、また、新たな出会いをみつけるもいいです。30歳になろうとして視野が広がっている今だからこそできること、楽しいことがあるはずです。

「日本各地で毎年」
私たちは、30歳の成人式を単発のイベントだとは捉えていません。できれば日本全国で、しかも継続しておこなわれることを希望しています。全国各地で、今は地元と疎遠になっている人が、このイベントをきっかけに地元と再びつながるということになれば、とても素敵だと思います。

以上のような考えで、プロジェクトを始めていますが、まだまだ始まったばかりです。全国各地の30歳になろうとしている方々、ぜひ上記のポータルサイトから30歳の成人式推進委員会にご連絡をください。よろしくお願いします。

 

P.S. ところで、wikipediaで言及されている村上春樹氏が「30歳成人説」を唱えたエッセイってどの本に収録されているのでしょうか。質問集でそのようなことを答えているのを読んだ記憶はあるのですが、エッセイで明確に述べたのを読んだ記憶はありません。一応、我が家にある氏のエッセイ(文庫になっているものはすべて所有しています)をひっくり返して見てみたのですが、見当たりませんでした。私の見落としかもしれません。もしご存知の方がいらっしゃったら、コメント欄にコメントいただければ嬉しいです。

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

Tags:

Comments: 1

Leave a reply »

 
  • 私も春樹さんの本で、その成人説をむかし読んだことがあったような気がして、もう一度読みたいなと思って、何冊か調べてみたのですが、
    「そうだ、村上さんに聞いてみよう」という、質問集に載ってるのを見つけました。
    (http://blog.livedoor.jp/chosei/archives/50800847.html)…抜粋された内容ですが。

    他のエッセイは、全てを調べたわけではないので、掲載されてるかはちょっと分からないのですが。。。
    もしかしたら、どれかのエッセイでも同じようなことを書いてる可能性があるのかもしれません。

     
     
     
  • Leave a Reply
     
    Your gravatar
    Your Name
     
     
     

    WP-SpamFree by Pole Position Marketing